このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

健康を維持する努力

  若い頃には暴飲暴食をしても徹夜で遊んでいても健康を維持できるのに、還暦を過ぎ67歳になり健康診断で健康ですと言われるにはかなりの努力が必要になる。毎日1万歩を目標に2時間の散歩を欠かさず、新鮮食材を買ってき ・・・

↓つづきを読む

逆境が人を鍛える

  幼い頃に優等生で、いつも褒められていた子供は、大人になると仕事になじめず転職ばかり繰り返している。幼い頃に劣等生で、いつもバカにされていた子供は、大人になると仕事で才能を発揮している。そんな事例は多くあるし ・・・

↓つづきを読む

ものは考えよう

車を運転していてぶつけられた、会社をクビになった、医師から癌だと言われたなどそのときはショックで何も考えられない状態になるときがある。腹が立つこともあれば、落ち込むこともある。   しかし、物事は考えようで、死 ・・・

↓つづきを読む

愛犬の死

15年前、捨て犬を子供たちが拾ってきた。犬を飼うのはこれが二度目で、一度目は僕が小学校5年生の時、20代の時は猫を飼っていた。生き物の死は悲しくせつないのでできれば飼いたくなかったが、捨て犬の目を見るとかわいそうで飼うこ ・・・

↓つづきを読む

成り金自慢

  成り金とは、将棋の言葉だが急にお金持ちになることを指して使われる。誰もがお金持ちになりたいと思い働くが、そうそうなれるものではない。だからこそ、急にお金持ちになるとそれを自慢したくなるし、お金を使いたくなる ・・・

↓つづきを読む

幾つになっても人は同じ

  小学低学年の頃、一学年上の人でも大人に見えたが、自分がその学年になると自分は何も変わっていない。高校生の頃、成人を迎えた若者を見ると大人に見えたが、自分が成人を迎えると自分は何も変わっていない。社会人になっ ・・・

↓つづきを読む

サイト内検索

カテゴリー

プロフィール

硲 弘一(さこ ひろかず)

1953年、和歌山県出身。愛称はBUNちゃん先生。多くの中高年がパソコンスキルで困っている現実を目の当たりにし、中小企業の方々とともにパソコン教室をビジネス展開できないものか模索。1999年、パソコン教室「わかるとできる」のFC展開を開始し、初心者向けパソコン教室においては国内最大規模に成長を遂げた。人気講師として、自ら講座の教材作成、授業を担当している。