このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

チョッとした気のゆるみ

  いつもの道だから大丈夫だろうと思って車を運転していると、思わぬ事故を起こすことがある。ホンの少しの気のゆるみで、後から反省しても起こした事故はなくならない。仕事でも日常生活でもこうしたことは起こりがち。 & ・・・

↓つづきを読む

働くことが健康の秘訣

  10才のときの1年は長く感じられたのに、70才近くになると1年はとても短く感じられる。10才の1年は、人生の10分の一なのに対して、70才の1年は、人生の70分の一でしかないからだろうと勝手に感じてしまう。 ・・・

↓つづきを読む

後手に回れば辛くなる

  中学生の頃は卒業したら就職しようと思っていたので、授業するまで教科書を開いたことがなかった。テスト勉強もヤル気がなく、おかげでテストは最悪の結果になる。先生からはもっとしっかりしろとアドバイスを受けるし、友 ・・・

↓つづきを読む

生かされていると感じるとき

  生きていれば、生きていること自体つまらないと感じるときもあれば、生きていること自体楽しいと感じるときもある。その違いは、自分がやるべきことを持っているか否かで、やるべきことがあれば、辛くても生きていること自 ・・・

↓つづきを読む

思い込みでは?

  本社のある池袋では悲惨な事故があり、加害者は車のブレーキを確かに踏んだと言い、車のメーカーはブレーキを踏めば止まると言う。車に故障はなく、明らかにブレーキとアクセルの踏み間違いだと検証した。それでも加害者は ・・・

↓つづきを読む

苛められても、苛められても

サーフィンでは練習を繰り返して上達していくが、それまで何度も失敗を繰り返している。うまくいったときのイメージトレーニング、それを自分の身体が覚えるまで繰り返してできるようになる。それから、しばらくサーフィンをしなくても体 ・・・

↓つづきを読む

サイト内検索

カテゴリー

プロフィール

硲 弘一(さこ ひろかず)

1953年、和歌山県出身。愛称はBUNちゃん先生。多くの中高年がパソコンスキルで困っている現実を目の当たりにし、中小企業の方々とともにパソコン教室をビジネス展開できないものか模索。1999年、パソコン教室「わかるとできる」のFC展開を開始し、初心者向けパソコン教室においては国内最大規模に成長を遂げた。人気講師として、自ら講座の教材作成、授業を担当している。