このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

多店舗展開での失敗

  多店舗展開で失敗するパターンは、大きく分けて資金繰りと人材育成にある。1店舗で成功すると経営者は、2店舗、3店舗を出せばもっと儲かると思う。1店舗の投資額が3000万円とすれば、3店舗で約1億円が必要になる ・・・

↓つづきを読む

チョッとした収入を得る

  家庭で調理したものをネット販売して収入を得ている人がいる。ピクルスやお漬物、明太子やパンなど保存がきくものなら販売しやすい。ご近所の方が買いに来ることもあれば、遠くであれば宅配便で送ることもできる。また、ご ・・・

↓つづきを読む

ガラケーとスマートフォンの違い

  電話機として開発されたガラケーは買ってしまえば操作は何年たっても変わらない。昭和の家電と同じで、買い替えるまで同じ操作で使うことが出来る。しかし、スマートフォンはパソコンから発展してきたので買ってから、操作性が変わる ・・・

↓つづきを読む

会社より個人起業

    昔は、株式会社を設立するには資本金1千万円が必要だった。普通の社会人にそんなお金があるわけでもなく、個人商店で起業して資本金が300万円で有限会社にして、更に会社が大きくなると資本金1000万円で株式会社にしたも ・・・

↓つづきを読む

健康は仕事より大切

  野球のグラウンドに立てるのは健康で全力でプレーできる状態の選手に限られる。病気やケガの選手はグラウンドに出ることはなく治療に専念する。監督が、病気やケガの選手を知っていながらグラウンドでプレーさせるのは余ほ ・・・

↓つづきを読む

日本のサラリーマン社長

  日本の大企業の社長さんはお飾りになっていて、まるで江戸時代のお殿様。豪華絢爛な社長室は自社ビルの最上階で、エレベーターも役員専用、専属の秘書は美人ばかり数人、社用車は最高級豪華黒塗りのセダンに白い手袋の運転手付きと決 ・・・

↓つづきを読む
10 / 143« 先頭...91011...20...最後 »

サイト内検索

カテゴリー

プロフィール

硲 弘一(さこ ひろかず)

1953年、和歌山県出身。愛称はBUNちゃん先生。多くの中高年がパソコンスキルで困っている現実を目の当たりにし、中小企業の方々とともにパソコン教室をビジネス展開できないものか模索。1999年、パソコン教室「わかるとできる」のFC展開を開始し、初心者向けパソコン教室においては国内最大規模に成長を遂げた。人気講師として、自ら講座の教材作成、授業を担当している。