このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

誰にもチャンスはある

企業の役職は、その役に付いて業績での成果を出すように求められています。もしも、1年間やってみて成果が出せない、業績を悪化させた、などということになれば、その役職は向いていないという評価になり移動させて再教育が必要になりま ・・・

↓つづきを読む

経営と所有の分離

企業経営では、会社の敷地、設備など自社所有が基本だが、賃貸やリースなどで資産をあまり持たなくしてフットワークの軽い経営にする手法が選択できる。このやり方の良いところは、自己所有する必要がないので多額の資本がなくても会社が ・・・

↓つづきを読む

仕事のプロ意識

街には多くの飲食店があるのに、行列ができて儲かっているお店と、まったくお客様が入らない赤字のお店がはっきりしている。赤字のお店の経営者は、ヤル気がなく自分の料理にいい加減で研究しようとしないか、頑張っているけれども自分の ・・・

↓つづきを読む

会社は社会の公器である

会社は社会の公器であり、そこで働く者が生活の糧を手にして家族を養い、日々喜びを家族で享受することを経営者である僕は目標にしている。採用された社員は、仕事のできる人もいればできない人もいる。仕事ができる人でかためれば業績は ・・・

↓つづきを読む
10 / 39« 先頭...91011...20...最後 »

サイト内検索

カテゴリー

プロフィール

硲 弘一(さこ ひろかず)

1953年、和歌山県出身。愛称はBUNちゃん先生。多くの中高年がパソコンスキルで困っている現実を目の当たりにし、中小企業の方々とともにパソコン教室をビジネス展開できないものか模索。1999年、パソコン教室「わかるとできる」のFC展開を開始し、初心者向けパソコン教室においては国内最大規模に成長を遂げた。人気講師として、自ら講座の教材作成、授業を担当している。