このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

保存食を作る

  鮭の遡上などで大量に魚が取れると、数日では食べきれない。そこで、はらわたを抜き、北風に当てて乾燥させたり、煙でいぶして燻製にしたり、塩漬けにすれば長期保存も可能になる。   コメや野菜は、乾燥させ ・・・

↓つづきを読む

船を造る

物を運ぶには人が担いで運ぶ。馬やロバに担がせて運ぶ。馬車に乗せて運ぶなど、いくつかの方法があるが、大量の輸送では、古代から船を使うのが最も効率がよかった。都市が水路やお堀の近くにあるのはそのため。   最初は、 ・・・

↓つづきを読む

上下水道を造る

  都市を造り人々が多く暮らせるようにするには、上下水道が欠かせない。水がなければ生きていけない。そこで、都市に必要な水を河川や池から引いてくるのだが、この勾配は竹などを使って計測でき古代から現代に至るまでほぼ ・・・

↓つづきを読む

家を造る

  石器時代の家は基礎を丸くして、丸太を斜めに組み立てた三角屋根が多い。丸太の周りはわらなどを積み上げて屋根壁にしている。トラス構造で力学的にはこれがかなり強い。個室はなく、中央に炉があり暖を取ったり調理したり ・・・

↓つづきを読む

焚火を利用する

  焚火を消して炭ができることにも気が付いただろうし、炭だと調理する時間も長くなる。炭を燃やした灰は、海草などにまぶすと保存できる。水をろ過することもできる。イモ類や野菜は海水で煮ると美味しくなるし殺菌もできる ・・・

↓つづきを読む

重いものを持ち上げる

  人が重いものを持ち上げるとき、自分の体重の半分程度が精いっぱい。ところが棒があればてこの原理で自分の体重より重い物でも簡単に動かすことができる。丸太を地面に並べて転がるようにし、その上に物を置けば横の移動も ・・・

↓つづきを読む

地球は丸い

  天体観測をしていれば月や太陽は丸く、地球も丸いのではないかと思うだろう。月の満ち欠けは太陽に照らされた部分を地球から見ているからだと観測していれば気が付く。とすれば、月は地球の周りを29.5日かけて回ってい ・・・

↓つづきを読む

太陽を観察する

  太陽は、東から登って西に沈む。棒と縄さえあれば地面に棒を立ててその周りに円を描き日時計にすることができる。これを何日か繰り返し書いていく。すると、日陰になる棒の長さに変化があることに気が付く。   ・・・

↓つづきを読む

サイト内検索

カテゴリー

プロフィール

硲 弘一(さこ ひろかず)

1953年、和歌山県出身。愛称はBUNちゃん先生。多くの中高年がパソコンスキルで困っている現実を目の当たりにし、中小企業の方々とともにパソコン教室をビジネス展開できないものか模索。1999年、パソコン教室「わかるとできる」のFC展開を開始し、初心者向けパソコン教室においては国内最大規模に成長を遂げた。人気講師として、自ら講座の教材作成、授業を担当している。