このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

ブリ大根

魚の頭を半分に切るときは、口に包丁を入れてザックリと切ります。食べやすい大きさに切ってから、エラなどを取り去り、水で血をよく落とします。切ったお魚は、熱湯を振りかけて臭みを抜きます。 大根は、下の方が苦いので、下半分を切 ・・・

↓つづきを読む

ぶりの刺身

  ぶりは出世魚で、東京では15cm前後を「わかし」40cm前後を「いなだ」60cm前後を「わらさ」1m前後より「ぶり」と呼びます。関西では「いなだ」「わらさ」の大きさを「はまち」と呼ぶようです。僕の地元では、「つばす」 ・・・

↓つづきを読む

焼き魚の下ごしらえ

僕が住んでいる和歌山県有田郡有田川町のお隣、箕島市は日本一の「太刀魚(たちうお)」の産地です。口が鋭く、すぐに切れるので、口は切り落としています。最初に、水洗いをしてお腹のお尻から包丁を入れて腹を切り、内臓を取り出します ・・・

↓つづきを読む

あいつは俺より劣っている

人には、自分をより大きく見せたい、カッコよく見せたいという見栄がある。経済の原動力ともいうべき見栄によって、人は話し相手が自分よりも劣っていると安心するという癖がある。俺の方が収入は多い、私の方がブランド物を持っている、 ・・・

↓つづきを読む

今日まで、そして、明日から

1月4日、高校の同窓会が行われた。僕が通った耐久高校は、「稲村の灯」で有名な濱口梧陵が創立者で、幕末の国際情勢に備える人材養成のため、1852年広川町に「自学自労」の教育方針で開いた耐久社に始まり、僕が通っていた頃は、地 ・・・

↓つづきを読む

時は流れ、元の時にあらず

60年も生きていると、昔の風景や出来事などを思い浮かべて、今と比べることが多くなる。湾岸戦争や神戸の震災などを知らない社会人がいて驚くことがあるが、これもまた、時代の流れというもの。彼らは、昔の青年がそうであったように、 ・・・

↓つづきを読む

きんぴらごぼう 

ゴマをフライパンで焦げないように炒めます。これをボウルに入れておきます。ごぼうやニンジンを細長く切り、塩水に漬けておきます。フライパンにサラダ油を入れて、これを炒めます。 酒コップ3分の一程度を足して炒め、砂糖 大さじ1 ・・・

↓つづきを読む
141 / 155« 先頭...10...140141142...150...最後 »

サイト内検索

カテゴリー

プロフィール

硲 弘一(さこ ひろかず)

1953年、和歌山県出身。愛称はBUNちゃん先生。多くの中高年がパソコンスキルで困っている現実を目の当たりにし、中小企業の方々とともにパソコン教室をビジネス展開できないものか模索。1999年、パソコン教室「わかるとできる」のFC展開を開始し、初心者向けパソコン教室においては国内最大規模に成長を遂げた。人気講師として、自ら講座の教材作成、授業を担当している。