このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

わかるとできる物語 第2章 1 教室とインストラクターは必要

映像授業を制作すると、その講義はそのままビデを授業として、直接、生徒様に販売することもできるし、通信教育の教材として会社を立ち上げることもできる。映像授業の直販はもっともコストがかからないが、買っていただいた人ができるよ ・・・

↓つづきを読む
42 / 53« 先頭...10...414243...50...最後 »

サイト内検索

カテゴリー

プロフィール

硲 弘一(さこ ひろかず)

1953年、和歌山県出身。愛称はBUNちゃん先生。多くの中高年がパソコンスキルで困っている現実を目の当たりにし、中小企業の方々とともにパソコン教室をビジネス展開できないものか模索。1999年、パソコン教室「わかるとできる」のFC展開を開始し、初心者向けパソコン教室においては国内最大規模に成長を遂げた。人気講師として、自ら講座の教材作成、授業を担当している。