このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

健康で長生きするために食べる

人間以外の生き物はほとんど病気をすることなく生涯を全うしている。彼らが健康なのは、その食生活を観ればよくわかる。食料の保存などせずに、いつも新鮮な食材を探しては、調理などせず、生で余すところなく食べている。生き物は、他の ・・・

↓つづきを読む

里芋の煮物

今が旬の里芋は、皮をむいて水に砂糖を入れて鍋で最初に煮ると沸騰しにくくなります。レンコン、ニンジンを後から入れて合わせ調味料を入れて、20分程度弱火で煮ると完成です。水300cc、酒、砂糖、みりん、醤油、それぞれ大さじ2 ・・・

↓つづきを読む

大根とキュウリの甘酢漬

大根は上が甘いのでおろし大根に向いている。下は酸っぱいので薄く切って、きゅうりの薄切りと一緒に塩水にさらしておき、砂糖大さじ5杯、お酢大さじ3杯、で混ぜるだけ。タッパに入れて冷蔵庫で保管します。好みで砂糖を増やしたり減ら ・・・

↓つづきを読む

かぼちゃのスープ

かぼちゃ半分、皮をむいてレンジで12分、または、蒸して柔らかくして、ザルに入れて、すりこぎで潰してペースト状にします。これを鍋に入れて、牛乳を600cc  入れながら煮ますが沸騰させないようにしてください。鶏がらスープの ・・・

↓つづきを読む

アジの塩焼き 下ごしらえ

アジは、買ってきたら、最初にうろこを取ります。うろこ取りを使えば簡単に取れます。次に腹を裂いて内臓を取り、頭を落として二枚に開きます。バットに入れて塩を振って冷蔵庫に1日保管してからそのまま焼くだけで美味しく頂けます。僕 ・・・

↓つづきを読む

ブリ大根

魚の頭を半分に切るときは、口に包丁を入れてザックリと切ります。食べやすい大きさに切ってから、エラなどを取り去り、水で血をよく落とします。切ったお魚は、熱湯を振りかけて臭みを抜きます。 大根は、下の方が苦いので、下半分を切 ・・・

↓つづきを読む

ぶりの刺身

  ぶりは出世魚で、東京では15cm前後を「わかし」40cm前後を「いなだ」60cm前後を「わらさ」1m前後より「ぶり」と呼びます。関西では「いなだ」「わらさ」の大きさを「はまち」と呼ぶようです。僕の地元では、「つばす」 ・・・

↓つづきを読む
26 / 28« 先頭...10...252627...最後 »

サイト内検索

カテゴリー

プロフィール

硲 弘一(さこ ひろかず)

1953年、和歌山県出身。愛称はBUNちゃん先生。多くの中高年がパソコンスキルで困っている現実を目の当たりにし、中小企業の方々とともにパソコン教室をビジネス展開できないものか模索。1999年、パソコン教室「わかるとできる」のFC展開を開始し、初心者向けパソコン教室においては国内最大規模に成長を遂げた。人気講師として、自ら講座の教材作成、授業を担当している。