このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

素直が一番

スポーツインストラクターの方にお聞きしても、仕事の研修をしている方にお聞きしても、料理学校の先生にお聞きしても、お坊さんにお聞きしても、人の話をよく聞き、素直に実践する方が一番上達し伸びてくるそうです。反対に、人の話を聞 ・・・

↓つづきを読む

身に余る贅沢は己を滅ぼす

自分の収入以上の生活ぶりを見せびらかすことで優越感を感じる人は多く、これを誇示欲と言って経済活動を活発にする原動力となっている。行き過ぎると破産するまで贅沢をしてしまう。うんちく話をする人に、こうした人が多く、車は~、グ ・・・

↓つづきを読む

内憂外患

内にも外にも憂慮すべき問題が多いことで、国内と海外、社内と社外、家庭内と家庭外・・・手詰まり状態になり、どうしようもないと思える時は、一番厄介なことから挑戦してみることで、ガツンとやられることもあれば、ガツンとやることも ・・・

↓つづきを読む

熟年離婚 夫婦の役割

毎年、春になると田舎に燕がやってくる。夫婦して木立を拾い集めて巣を作り、卵を産み育てる。雛は餌を求めて元気よく泣き、親鳥は餌を求めて飛び回る。その雛も巣立つようになると、夫婦は、自分たちの仕事が終わったかのように別れて飛 ・・・

↓つづきを読む

熟年離婚

結婚生活3年、5年、7年で離婚の危機があると云われていましたが、結婚生活25年以上の熟年夫婦の離婚は、10年間で2倍以上に増え、結婚生活30年以上では3倍近く増え、離婚全体の増加率の2倍になる。しかも、妻からの申し立てに ・・・

↓つづきを読む

命に対して手を合わせる

人は、亡くなった人に対して手を合わせ、頭を垂れて拝む行為を自然と行っている。如何に無宗教の人でも命に対する畏敬の念はあり、その命に対して手を合わせ、頭を垂れて拝む姿勢をとっている。お墓の前で、事故現場で・・・そして、日本 ・・・

↓つづきを読む

信心もほどほどに

信心にのめり込んで、修行が楽しくて仕事や家事をほったらかしにしてしまう人がいる。そのために、思わぬ悲劇が起こってしまう。夜の食事は一家団欒で頂きたいものだが、両親がいつも信心の集会に出かけてしまうので、子供は一人で食事を ・・・

↓つづきを読む
29 / 34« 先頭...10...282930...最後 »

サイト内検索

カテゴリー

プロフィール

硲 弘一(さこ ひろかず)

1953年、和歌山県出身。愛称はBUNちゃん先生。多くの中高年がパソコンスキルで困っている現実を目の当たりにし、中小企業の方々とともにパソコン教室をビジネス展開できないものか模索。1999年、パソコン教室「わかるとできる」のFC展開を開始し、初心者向けパソコン教室においては国内最大規模に成長を遂げた。人気講師として、自ら講座の教材作成、授業を担当している。