このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

生き残るのは苦労している方  

  若い頃の苦労は買ってでもした方が良いと云われるが、そんな苦労はしたくないのが本音。両親が若くして親から勘当された結婚だったために貧乏で、貧乏ゆえに喧嘩の絶えない家で育った。家にいるのが辛い若い父親からは毎日のように暴 ・・・

↓つづきを読む

しばかれていると謙虚になれる

  僕は社長でもあるし講師でもある。いつも、スタジオに入って講座の収録をしているが、シナリヲライターさん、収録の監督さんなどからいろいろな注文が飛び出してくる。自分のやり方が通用しないことも多々あるが、素直に反省できない ・・・

↓つづきを読む

幾つになっても人は人

  幼い頃は、学生服を着ている人が大人に見えた。学生の頃は、二十歳の方が大人に見えた。社会人になると30代の方が大人に見えた。中年になると定年退職された方が大人に見えた。しかし、幾つになっても幼い頃の私はそのまま。好奇心 ・・・

↓つづきを読む

嫌われる勇気

有名な心理学者アルフレッド・アドラー「トラウマ」の存在を否定したうえで、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と断言し、対人関係を改善していくための具体的な方策を提示していくアドラー心理学は、去年から大人気。 自分 ・・・

↓つづきを読む

大いなる誤解に頭を垂れる  

  若い起業家は、売り上げを儲けと勘違いするような表現をして自慢しがち。僕の知っている創業者も赤字経営なのに黒字だとご両親に報告していた。相談を受けるたびに感情的になって従業員を𠮟りつける態度を改め、彼らといっしょに汗を ・・・

↓つづきを読む

借金地獄から抜け出す

  僕は20代から30代までの10年間を妻が残した多額の借金返済に過ごした。金融機関からは催促の電話や呼びつけなどで息が詰まる思いをしながら行商をしていた。それまで建設会社で設計技師のサラリーマンとして働いていたが、給与 ・・・

↓つづきを読む

恋と愛の違い  

恋に焦がれるという言葉は、愛に焦がれると置き換えがきかない。愛着が湧くという言葉も恋着が湧くとは言わない。恋と愛は別の感情だからだろう。恋い焦がれるというように、恋は自分勝手な感情があるからだろうし、愛着というように愛は ・・・

↓つづきを読む

チヤホヤされるといい気になって  

芸能人や社長さんや政治家、医者や弁護士や先生…世の中にはチヤホヤしてくれる仕事や役職に就いている人がいる。彼らは往々にしてワガママ(自分勝手)でチヤホヤされないと気分を害して、人を見下した偉そうな態度をとる。我慢して、言 ・・・

↓つづきを読む
1 / 29123...10...最後 »

サイト内検索

カテゴリー

プロフィール

硲 弘一(さこ ひろかず)

1953年、和歌山県出身。愛称はBUNちゃん先生。多くの中高年がパソコンスキルで困っている現実を目の当たりにし、中小企業の方々とともにパソコン教室をビジネス展開できないものか模索。1999年、パソコン教室「わかるとできる」のFC展開を開始し、初心者向けパソコン教室においては国内最大規模に成長を遂げた。人気講師として、自ら講座の教材作成、授業を担当している。